プーケットウォークのブログ

現地発信プーケット日本語情報サイト『プーケットウォーク』の取材ノートです。グルメ、ショッピング、観光、ビーチ、生活など、日々感じたことや感動したことなど。

シノポルトギースの一軒家。おしゃれ雑貨&カフェ-Endress Summer

プーケットタウンのオールドタウンエリア、ヤワラート通りにあるエンドレス・サマーにジェイコと行ってきました。オープンしてもう2年ぐらいになるかも。初めて行ったのですが、ミントグリーンの美しいシノポルトギースの邸宅を改造しています。

 

フランス人オーナーのお店で、エスニック&リゾートファッションや小物、家具を販売しています。ステキな雰囲気の中に、ステキな雑貨や洋服(キッズもあり)が4部屋に分かれてディスプレされています。チェンマイに本店がある、オランダ人経営のジンジャーに雰囲気がちょっと似ているかも。全体的に値段は高いのですが...。

 

床に敷かれたタイルは多分、当時のものでしょう。以前にもこのタイルを見たことがありますが、お家のオーナーが、イタリアから運んできたものだと言っていました。味わいがありますよね。

奥のカフェコーナー。ソファのある場所はインスタポイント。食べ物は数種類のサラダとキッシュ、クッキーとフランススタイルパンケーキ、そしてドリンク類です。

ジェイコがゴートチーズやクルミが入ったサラダ、私はイタリアン・パスタ入りのサラダ。なんでもフランス人とかは、ランチはサラダなどで軽く済ます人が多いとか。日本のサラダとかより、ボリュームはあります。お値段は250バーツぐらいでした。

シノポルトギース様式の家というのは、19世紀にマレーシアから錫の採掘や貿易のためにプーケットにやって来た華僑(ババと呼ばれています)が建てた家で、ヨーロッパと中国のスタイルがミックスされたエキゾチックなお家です。

 

なので風水に取り入れられ、家の中央には吹き抜けが作られています。だいたい井戸もあります。上の写真はその吹き抜け部分。光を取り入れ、涼しくする工夫でもあります。

 

このコーナーはエントランスそばの座れるコーナー。こういった家具やクッションもすべて買うことができます。

 

シノのお家、私は大好きです。見るだけでなく、お茶のんで座って寛ぐことができると、そのお家のかつての暮らしぶりを垣間見られるように思います。オールドタウンではシノスタイルのショップハウスはカフェやレストランも多いですが、中心部で豪華な一軒家を店としているのはブルーエレファントぐらい。古いお家好きの方は、オールドタウン散策の休憩に寄ってみてはいかがでしょうか。

 

エンドレス・サマーの詳細

 

phuketwalk.com

 

シノスタイル ブティックホテル&タイの若者に人気のドミスタイル@プーケットタウン

昨日は久々に会う友人に誘われて、プーケットタウンにあるドーナツ&カフェのお店に。約8カ月前にオープンしたのですが、大盛況のようで、この日も店はいっぱいで、系列のすぐ奥にあるホテルのロビーでドーナツをいただきながら、おしゃべり。

お店の外観は撮ってこなかったのですが、こんなふうにドーナツ各種とガラスケースにはケーキ類が並んでいいます。

このロビーのソファ席でいただきました。これはロビーの一画なのですが、グランドピアノや各種楽器なども置かれていて、クラシックな落ち着いた雰囲気でとてもいい!

 

私は生クリームたっぷりのドーナツとアイアスラテ。ほどよい甘さで美味しかったです。お値段も65バーツと、まあまあ。友人二人は2個ずつケーキとドーナツを食べてみました。なんと甘党のことか!

帰り際に2階のお部屋を見学してきました。お部屋は4部屋のみというブティックホテルです。ホテル名は『Sound Gallery House』。

こちらはツインベットルーム。ベッドの木や床も、みんな良質な素材。

共有スペースはこんな風にくつろげるようなセッティングになっています。しかし、オープンエアなので、午後は暑いです。1階のロビーはエアコンも入っているので涼しい!

うまく撮れていないのですが、裏側はひろ~いお庭。さすがシノスタイルの豪邸です。

渡り廊下でつながるドミトリー。各ベッドの下は荷物を入れられるロッカーになっています。冷蔵庫やミニキッチンも付いていて便利。全部で20ベッドですが、簡単な仕切りで10ベッドずつに分かれています。このスタイル、タイ人の若者に人気。貸し切りしちゃえば楽しそうですよね。

このホテルとお店がオープンするまで、こんなステキなお家があることは知りませんでした。今は通りからすぐ見えるのですが、前は手前に何があったか?と思い出すことができません。

 

シノスタイル(シノポルトギース様式)というのは、19世紀に錫の採掘にやってきた、マレーシアからの華僑(ババ)がもたらしたスタイルで、中国とヨーロッパがミックスされたスタイルです。

 

オールドプーケットタウンにはそれらの家やショップハウスが数多く残されていて、今はカフェやレストランなどとなり、そのノスタルジックな雰囲気が人気で観光ポイントとなっています。

 

こちらはいわゆるオールドタウンエリアには入っていませんが、とても近い場所にあります。セントラルからも車で約3分です。このスタイルの家は風水を取り入れた設計がなされているので、風通しがよく、涼しいのも特徴です。

 

ちなみにこのホテルのオーナーはプーケット・YAMAHA。だから名前も音楽にちなんでいるのでしょう。家は約80年前に建てられたものだそうです。一度宿泊してみたいなあ、と思っています。当時を偲ぶ生活が体験できるなんて、ステキじゃありませんか。

 

私は兼ねてからシノポルトギーススタイル大好きで、ちょっと住んでみたいなあ、と思ってきたのですよ!

 

サウンドギャラリーハウスの詳細

 

 

高級リゾート群の片隅に素朴リゾート@マイカオビーチ

久々にジェイコとビーチへお出かけです。今回は北のビーチへ。まず1つめはマイカオビーチにある素朴リゾートです。入り口はこちら。どこかといえば、JWマリオットやアナンタラなど、高級リゾートが並ぶマイカオエリアの一番奥にあるルネッサンスのちょっと先にあります。

何度も来ているこのエリアですが、『ミッキーモンキービーチ』という看板は見ていたけど、ここにあるとは知らなかった! エントランスからビーチまでは約200mぐらい。手前に車を駐車して歩いていきます。

まず、出会ったのはハスキー犬。こんな暑い国で、と思いますが、ビーチの木陰なので涼しい。帰りがけには見かけなかったから、もっと涼しいところに移動したかな?

そして、バンガロー(ファンとエアコンの2タイプがあるそうです)、そしてテントもあり。なんとこの高級エリアにこんな宿泊施設もあったとはオドロキ!!

バーがあって、その先は海。

この特別席もサンセットタイムにはロマンチックになりそうです。

広々とした敷地です。

のんびり。これぞ贅沢なリゾートタイム!

ヤシの先はルネッサンス。高級リゾートとの境目にはなにもありません。不思議な感じです。

私はアメリカンブレックファースト。味はフツーでしたが、パンだけは美味しかった。お値段はコーヒー付きで180バーツ。ジェイコはソムタムとガイトーを注文してました。しかし、ホテル群の料金に比べれば安っ! たしかビールは100バーツぐらいだったか....。

 

滞在客は欧米人やタイ人も多いみたい。よくここを見つけたな、と思います。そういえば、お隣のテーブルで食事していた欧米人はご飯もラットカーオ(おかずのご飯のせ)で食べてました。一皿で頼んだほうが割安。よくご存知です。

 

ここ素朴リゾートライフを満喫して、ホテルのアウトレットにもちょっと行ってみる、なんていうのもいいし、高級ホテルに泊まっていても、夜、ここで飲む、なんていうのもいいですよね。自転車やバイクできている人もいました。こんなフリーシャトルの看板もありましたから、このエリアに滞在していれば、電話すれば迎えにきてくれるようです。

 

マッサージのサラ(東屋)もありました。次回は乾季の間の夕方来てみたい。それにビーチはめちゃ人が少ない! ただし、ちょっと注意して欲しいのは、このビーチは入るとすぐに深くなっているので、波がある時は注意です。ミッキーモンキーの料金はこちらでチェック

 


プーケット・マイカオビーチ

 

 

phuketwalk.com

 

シミラン諸島の早朝ツアーで、ビーチ一番乗り!

プーケットはハイシーズン開幕! それではということで、シミラン諸島早朝ツアーに行ってきました! シミラン諸島はプーケットからサラシン橋を渡ったお隣のパンガー県タッブラム港から北西へ76km、アンダマン海に浮かぶ9つの島々からできています。

シミラン諸島は、周囲を約140平方キロメートルにわたって海洋国立公園に指定され、水の透明度とクリスタルのように輝く青い海、ホワイトサンド、ところどころにある巨岩、世界の10指に数えられるダイビングスポットとして有名です。

 

シミラン日帰り早朝ツアーは8時に港を出発!

シミランへの日帰り早朝ツアーは8時に港を出発です。たくさんの会社からスピードボートツアーが催行され、料金も会社によって違います。私が行ったツアーは専用の船着き場があり、朝食も準備。ミニマートやお土産、トイレ・シャワー設備も完備したとてもきれいな施設を備えていました。

参加したツアーは早朝ツアーなので、ほぼどこに行っても一番乗り!それが売りのツアーです。

朝食はおかゆやパンなどにコーヒー&紅茶、ソフトドリンクなど。早朝出発なので、ホテルの朝食はパスしてきても大丈夫。このあとも船の中で、ソフトドリンクやアイスクリーム、フルーツなどもでるし、お昼はランチボックス、帰ってきてからもまた、ソムタムやフライドチキンなどを用意してくれているので、何も持って行く必要がありません。

ちなみにバスタオルやシュノーケリングセットも用意してくれますので、手ぶらでOKです。

海の青さが違う!ナンバー4は水がキラキラ、白砂が続く島

船に乗ること、1時間20分。ほとんど波はないのですが、スピードボート特有の上下の揺れはややあり。さあ、最初に行く島、ナンバー4に着きました! すでに到着しているのは同じツアーの船が1艘のみ。

やっぱり海の青さがプーケットと違います。ここまで来た甲斐がある、美しさです。

ナンバー4には公園事務所があり、宿泊施設のバンガローがありますが、現在は使われていません。トイレとシャワーもあります。意外ときれいなので、安心です。ビーチの両端に大きな岩があり、早速撮影にいそしむ人々。

ブランコもあり。

海はやっぱり外洋のせいか、意外と波がありました。ここも30分後ぐらいには続々、スピードボートがやってきて、ビーチ前に船がいっぱいなりました。雰囲気が全然変わってしまいますから、早いの最高です。

逆側の端の巨岩のそばでは水に浸かって寛ぐ人たちが。


Similan Island No.4 @ Thailand

このあとはナンバー7と呼ばれる島でスノーケリングの予定でしたが、風の影響でちょっと難しい、という船のキャプテンの判断で、次のナンバー9島へ行くことに。

 

ナンバー9に行ってもお目当てのビーチは風で難しいということになり、その手前のポイントでシュノーケリング。ソフトコーラルにブダイやモンガラなどが泳いでいました。船にあがってから、たいした波でもないのに、私に異変が!なんか、シーシック。船酔いしてしまいました。写真撮影なしです。

 ナンバー8でランチ&セイルロックに登る!

そしてセイルロックと呼ばれる、シミランのアイコン的岩があるナンバー8に移動。ここでお昼を食べて、2時間のフリータイムです。(ナンバー7に行けなかったので時間が長くなったようです)

ビーチに上陸すると、林の中にたくさんのテーブルがあり、そこでランチボックスが配られ、その他、テーブルに果物やコーヒー&紅茶、カップケーキが並びます。私は以前として食欲なし。トイレ&シャワー施設もあります。

テーブルの回りをノシノシ歩くオオトカゲ。何匹もいます。野生ですが、人馴れしてしまい、歩きまわりますが、人間は怖がって、オオトカゲがそばに来るとみんな足を上げてご飯を食べていました。(笑)ちなみに何もしなければ、オオトカゲも何もしません。

だんだんシーシックからも回復し、セイルロックと呼ばれる岩のところまで登ることに。ちょっと急ですが、階段がずっとあるので私でも登れました(笑)。高所恐怖症の人はちょっと怖いかも、頂上は狭いですからね。

ハアハア、約10分で頂上に到着です。

私と友人。時々、友人に助けられて頂上にたどり着いた私、にっこりです。

シミラン島には9つの島がありますが、1~3番の島は環境保護のため、クローズされています。そのため、どの会社の日帰りツアーもスノーケリングポイントは多少違っても、行く島は4,7,9、8番となるようです。そして上陸するのは4と8番の島です。

 

帰りも1時間20分で港に到着。だいたい4時でした。シミラン日帰りツアーは乾季限定のツアーで、4月いっぱいぐらいまで催行されます。昨年から(だったと思いますが)あまりに観光客が多いので、環境保全のために入島制限がされるようになりました。

 

プーケットからツアーに参加すると、ホテルお迎えが約6時、港に戻ってくるのが17時ぐらいとなり、ホテルに戻るのは19時ぐらいとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のいただきもの@プーケットベジタリアンフェスティバル

 

今年はいつもマーソンの行列の際にいただける御札やビーズのブレスレットなどをしこたま集めてくれる姉がいなかったため、御札はなし。

 

でも初めてマーソンからザクロ、いただきました。タウンのサイアムコマーシャルバンク前で写真を撮っていたおかげ。さすが銀行。高価な果物をお供えしています。

 

それから青リンゴ、アメ、毛糸1本(これは腕につけておきます)、のみでした。

 

今回うれしかったことがありました。それは4日のバーンニャオの行列の際、まだ初めのほうでしたが、いかつい、キリッとしたマーソンが一人通ったときに、無意識に膝を付き、手を合わせていたら、マーソンが私のところに来て、祝福をしてくれました。

 

なぜか、今年も逞しく生きられるように思えたのです。

 

良かった~!!

 

これで、今年のキンジェーは終わり。

キンジェー最終日。九皇大帝を送る@バーンニャオ┃プーケットベジタリアンフェスティバル

長いような、あっという間だったような、キンジェーも昨晩が最終日。タウンのバーンニャオでは九皇大帝をサパンヒンで送るために、神社を出てからタウンを回り、そしてサパンヒンに向かいます。

九皇大帝は海の神様なので、送りは海。海が近くない神社はそれぞれの神社で送り火を焚くなどして、それぞれの方法で送ります。

 

この最終日の行列が、私が思うにはクライマックス。時間は遅く、神社で儀式が始まるのが22時過ぎ、行列はその後になります。

 

バーンニャオの門には爆竹が何本も吊るされていました。これは数年ぶりに復活。ここ数年は爆竹を控えるように、というお達しがあったせいか、爆竹が鳴らされるのは減っていたと思います。 出発前には神社の前でドラゴンダンスが披露されていました。

 

紙の人形が見えますが、これはここで燃やされてしまいます。めちゃめちゃ人で混み合っていますが、後で、ここで大きな火の手があがりました。

その後、信者もマーソンも繋がりながら神社を出発。

  お神輿が出ていく時は門の爆竹が鳴らされます。爆音とただただ火の海。

 

神社を出てからも行列は爆竹とともに進みます。 

お神輿の人tたち、出発前に身体に油をベトベトに塗っていました。爆竹で火傷しないように、肌に一枚コーティングさせるのでしょうか?

 

 

 

こうして9日間が終わりました。バーンニャオのそばに市場があります。最終日とあって、キンジェー開けのために、ガイトート(フライドチキン)などが売り出されます。

 

正しくはサパンヒンで送りをやってから、ガイトートを買うということになりますが、私はサパンヒンには行かなかったので、ここで購入。家に帰ってから12時を回った後に食べました。美味しかった~!!

2020年は10月17日からです。お祭り大好き、キンジェー見てみたい!という方、憶えていてくださいね! 

 

phuketwalk.com

Street Procession@カトゥ マーソンが刺しているのは。プーケットべジタリアンフェスティバル2019

 

今日の行列が今年のキンジェーの最後です。カトゥの他、いくつかの神社がプーケットタウンを行列します。朝5時に神社に到着。はりきり過ぎ。まだ始まっていなかった。

 

 しばらくして、マーソンに神様が降り始めます。まずは、祭壇そばのイスに座り、最初はブルブル震えて、その後、奇声を発して、祭壇へ。そこでおかけをかけてもらい、線香を受け取ってOKなようです。

細いワイヤーのボディピアス?が目を引きました、

 

 刺しているのは金串です。すごい太さで、刺す人は祭りを進行させるコミッティの人たち。刺すとき、血はでませんが、ブス、ブスッという音が聞こえるようです。 

喉元に刺すときは、怖いです。このコミッティの彼、イケメンですよ。なんか将来の長老様になりそう。マーソンも表情が穏やか。刺す人もすご腕だし、マーソンもできてるなあ、と思います。

ビーズが光ってきれいでした。

このマーソン、強面なのに、なんかこの時はかわいい表情。

おじいさんの神様が入ると、こんなふうに。後で腰痛にならないでしょうか。

こちらは観音様。行列出発です。カトゥはタウンまで距離があるので、その入口ともいえるスラクン競技場まで(約5キロ)は車で移動。そこから行列をスタートしてサパンヒンまで11キロ以上。爆竹を浴びながら、信者を祝福しながら進みます。

 

phuketwalk.com