プーケットウォークのブログ

現地発信プーケット日本語情報サイト『プーケットウォーク』の取材ノートです。グルメ、ショッピング、観光、ビーチ、生活など、日々感じたことや感動したことなど。

セントラル プーケット・フロレスタがオープンしました!

9月10日、セントラルフェスティバルの向かい側に、セントラル・フロレスタがオープンしました。フロレスタというのは、イタリア語で森という意味。

 

地元民の最近の話題といえばこのセントラルに行ったか?というのが挨拶変わり。私もジェイコを誘って、昨日行ってきました。プーケットのセントラル、タイ最大規模になったらしいです。目玉は来年オープンする3Dシアター?とアクアリウム。駐車場も4000台駐められるということだから、今までのような駐車難民はなくなるはず.....。

 

日本ではデパートの合併や閉店など、不景気な話がいっぱいですが、タイは上り坂なんだと感じます。特にセントラルは高級デパートなので、内装もさらに豪華になり、今回のオープンにあたっても、いろいろな商品が増えましたが、料金も高級化しています。

 

建物は4階建てで、各階が駐車場につながっています。ジェイコとざーっと見てきましたが、ご飯も食べてお茶を飲んだら、なんと半日おりました!

 

それでは私たちが気になったところを紹介です。まずは1階(グランドフロア)。スーパーマーケットはディスプレイが今風になったようで、商品豊富という印象。イートインのコーナー、全体が冷蔵庫になっているチーズの部屋なんかもありました。入ってみたら、すぐに大きな欧米人が入ってきて、いい香り、といいながら満足そう。日本の普通のスーパーマーケットって日本製チーズが圧倒的。ここは各国チーズがいろいろあります。ハムも種類多いです。

 

なんとマツモトキヨシもあります。それからタイのお土産コーナーも独立してあります。ここで目を引いたのは、タイのミニ調味料セット、ハヌマンでいいのでしょうか、あのハヌマンの容器に入ったヤーモン(アロマバーム)。

 

お腹が空いたので2階のカフェ『オンザテーブル』という店に。日本の店らしいです。ファミレスのようなメニューがあり、私はチーズのせハンバーグ+カレー(310バーツ)を。ジェイコはチキンのチーズのせ。なんか、イオンモールで食事しているような気分になりました。ハンバーグはどうもつくね風になってしまうので残念でしたが、久々に日本の洋食食べた~という気分になり満足。

 

3階にはこれまた日本のバラエティショップという、ロゴがユニクロに似た店が。ジェイコがネットで調べてくれて、中国人と日本人で作った会社らしいですが、本社は中国にあるようです。なんか、どこかで見たことのあるパッケージやボトルにはいった化粧品とかいろいろあって、びっくり。

 

グランドフロアに戻って、前から飲んでみたかったタイの紅茶ブランド『トラームー』のチャーイェン(アイスミルクティー)50バーツを。ジェイコはタイ人に人気のアイスローズティーと、チャーイェンのソフトクリーム(45バーツ)。このソフトクリーム、大人気。私はチャーイェンを飲んでいたせいか、一口いただいて終了。今度もう一度トライしてみようと思う。

 

ここにはフードコートやフローティングマーケットを模したエリアもあり。いろいろなものが混在している感じです。

 

そういえば2階だったか、チェンマイのお店でゾウのうんちから作ったリサイクル紙のメモ帳とか売っている店も。持ってみても軽くて、エコを感じるお店。値段も150バーツぐらいと手頃だからお土産にもいいですね。

 

これからオープンする店として、パンのリトル・マーメイド、ラーメンの一風堂、ゴディバなんかもあります。

 

こちらも参考にどうぞ。

www.centralphuket.com

 

プーケットの雨季【9月】のお天気と海@スリンビーチ

9月は1年の中でも一番雨が多い月です。でも今年は9月に入ってからも青空がでる日も多く、時々スコールがありますが、わりと安定したお天気が続いています。プーケット西海岸、アマンプリを代表とする高級ホテルが点在するスリンビーチに久々に行ってきました。

 

7月の台風が来たときに、西海岸のいくつかのビーチはものすごくビーチを侵食されたというニュースを見ましたが、スリンビーチもそのひとつ。広々と水のきれいなビーチなのですが、びっくりするぐらいビーチが狭くなってしまいました。

 

ビーチに下りる石階段も壊れてしまっていたり、ビーチが整備されるにはしばらく時間がかかりそうです。

 

スリンビーチは雨季の間、サーフポイント。数人のサーファーが海に入っていました。結構波がありますし、赤旗ですが泳いでいる人もいます。ビーチのほぼ中心にライフガードの監視台がありますが、広範囲に海にはいってる人がいるので、目が届きそうもありません。

 

スリンビーチやお隣のカマラビーチなどは、所によってリップカレントがきついビーチです。ビーチから沖に向かって引く流れが強いんです。

 

おおざっぱですが、リップカレントの見分け方は周りより深い→波が小さい、エリア。 そうえいば以前、カマラでほんの少し海にはいっただけで、引きが強くてびっくりしたことがあります。そしてすごく近深でしたー。

 

今年も水難事故が結構ありますが、溺れてしまう人はこのリップカレントにはまってしまう場合も多いんじゃないかと思います。いくらビーチに向かって泳いでも戻れませんからね。

 

そういう場合ビーチと平行に泳いで、リップカレントから抜け出すようにします。リップカレントは10~30mということですから、抜け出られたら、岸に向かって泳ぎます。

 

スリンビーチの北側にきれいに並んでいたヤシも侵食されてか、やや枯れ気味です。このエリアにまったり寛いでいる観光客も多く、ゴザやハンモックなどを持参して、思い思いのスタイルで楽しんでいます。

 

北側にはドリンク屋台やマッサージも出ていました。ビーチ入口には数軒の屋台が出ていて、ご飯も食べられます。私も焼き鳥を買ってたべました。1本20バーツでした。

人がまばらでも、不便はないぐらいに屋台が出ているのはいいところ。ビーチ入口近くにはファミリーマートもあります。

 

タイ人は木陰でピクニックを楽しんでいました。

 

 

パトンビーチの食堂【サバイサバイ レストラン】は今も健在!@プーケット

パトンビーチのビーチ沿い、郵便局通りをはいってすぐにあるサバイサバイレストラン。私がプーケットにやって来て、パトンビーチに住み始めた頃からあるタイ&インターナショナル料理の食堂。

 

もう20年以上前のこと。あの頃はレストランも今ほどはなく、サバイサバイは自家製パンということも売りでクラブサンドイッチを友達とよく食べに行った。これも今でも人気のメニューらしい。タイ料理ではココナッツミルクがたっぷりはいった、甘めのグリーンカレーも大好きだった。

 

当時、私は大家さんから子犬のときに譲り受けた雑種の犬を飼っていて、その犬、プンプイはバイクが大好きで、私はバイクの後ろにのせて、パトンの海に行ったり、買い物に行ったり、そしてこのサバイサバイにも連れてきては、プンプイもいつもなにかしら店のスタッフにいただいていた。プンプイは私たちを待っている間、テーブルの下に寝そべっていた。そんな、犬同行も許された、懐かしい思い出のある店だ。

 

パトンには長く住んだが、今はタウンの近くに住んでいるためもあって、サバイサバイに行く機会もなくなった。そんななか、このサバイサバイにも近い、パトンのホテルに宿泊する仕事があり、ほんとうに久しぶりにいつものジェイコと行ってみた。ジェイコも同じく、かつてパトンに住み、この店によく食べに来た人である。

 

店の雰囲気もそう変わらない。チェックのテーブルクロスも健在。そして今回は揚げ春巻き、ヤムウンセン、そしてグリーンカレーを頼んでみた。

 

グリーンカレーは昔と同じく、ココナッツミルクがたっぷりの甘め。食べやすい~。ヤムウンセンもたっぷりの量で、 味もスッキリと適度な辛さもあって美味しい。観光客がタイで食べよう、と思うメニューかなと思う。

 

なんと日本語メニューもあった。4時過ぎに行ったので空いていたが、日本人家族がいた。お父さんがガパオライス(バジルと肉炒め&ライス)を頼みながら、これを食べなくちゃ!と家族に言っていた。

 

 

今も口コミサイトで、とくに日本人に人気のサバイサバイ。タイ料理は食べやすい味で、値段は今も変わらずリーズナブル。ヤムウンセン115バーツ、揚げ春巻き100バーツ、グリーンカレー(チキン)160バーツ、ライス30バーツでした。ちなみにシンハービール(小)は80バーツでした。

 

 

Sabai Sabai Restaurant: 営業8:00-22:00、4月に長期の休みあり。パトンビーチ・郵便局通り。

プーケット・ナイトライフの拠点!バングラロード@パトンビーチ

久しぶりにパトンで宿泊する取材があり、バングラロードに行ってきました。ビーチ通りからバングラ通りに入ります。

 

早速、食欲をそそるいい匂いが。ケバブでーす。バングラにはケバブのお店が4軒ありますよ。簡単に食べられるし、値段も手頃なので大人気!私はチキン&チーズ、ジェイコはビーフケバブとフライドポテト。テイクアウトにしました。

 

午後7時過ぎ、バングラにはカウンターバーがずらりと並んでいるのですが、どこが違うのか、お客いっぱいの店もあれば、ガラガラの店も。

オカマちゃんの客引きも。

 

いつオープンしたのか?ゲームセンターもあります。ここ奥行きが深くて結構広い。2階はフェイシャルのお店です。

有名なタイガーディスコ。ここで働く人達のための屋台も出動しています。

いろんなグッズも売っている子も。

 

バングラ通りも競争が激しいせいか、ビールもそんな高くないですね。ソイパトンリゾートの奥には老舗のイタリアンや編集部もお気に入りのフットマッサージの上手なお店もありますよ。

 

かなり、200pee通り寄りには屋台が並ぶ通りもありますよ。ちなみにジャングセイロンもラクラク歩いて行けます。

 

時間が遅くになるにつれ、人通りも増えてきます。

バングラからはソイと呼ばれる脇道がたくさんありますので、あんまり奥深く行かないようにすれば、女子同士で歩いていても特別怖いこともないと思います。

 

バングラ通り、観光客が訪れたいプーケットの観光地としても人気のスポット。カウンターバー、ゴーゴーバー、セクシーショー、クラブなど様々な夜のエンターテイメントで賑わっています。人の熱気やネオンで、バングラはパトンの他のエリアよりも気温もちょっと高いんです。

 

その他、お土産屋、スターバックス、コンビニ、レストランなどもあります。

 

300mちょっとと短い通りではありますが、日本にはないナイトライフの雰囲気です。

 

 

タイのお菓子┃まろやか【ウン・ガティ】@プーケット

 

セブンイレブンで見つけた『ウン・ガティ』。この濃い緑は日本人だと、つい抹茶を想像してしまいます。それで思わず、手にとったんですが....。

 

違いますね~。この緑はタイでお菓子によく使われるバイトゥーイというハーブ。英語でパンダンリーフ。独特の香りがあります。

それでこのお菓子、ウン・ガティというのは2層のゼリーの組み合わせになっています。下層がバイトゥーイ、上層がココナッツ。通常は味はちょっと甘じょっぱい。

 

写真、ちょっと汚いですが、シールを剥がすと、ココナッツ特有の甘い香りがします。そして、食べてみると、食べたことあるのとはちょっと違う。ココナッツクリームはふんわりとまろやかに、バイトゥーイも柔らかめの仕上がり。

 

驚くのは甘じょっぱくない!

あの甘じょっぱさが好きになれなかったんですが、さすがセブン。、両者ともしょっぱさがほとんどない!

 

こういうのがタイ人すきかはわかりませんが、日本人的にはベター。南国のおやつとして機会があればお試しを!

 

金曜日のナイトマーケット@ボートアベニュー(ラグーナ プーケットそば)

久々に金曜日にラグーナプーケット方面にでかけたので、ボートアベニューのナイトマーケットに寄ってみました。いつものジェイコと一緒。ジェイコはラグーナ方面によく出没するので、情報もよくアップデートされている。

 

ボートアベニューのナイトマーケット、以前は店鋪間にある道路に露店がでていたのですが、これがやめとなり、ヴィラマーケットより、ラグーナ寄りのエリアに移動したとのこと。

 

タウンのマーケットとは違い、店舗数もすくないですが、ゆったりした雰囲気があります。例えば洋服やピアス屋でもちょっと趣味が欧米人向けだったり、微妙に違います。洋服やさんのお姉さんが流暢な英語話すし。

今回行って気に入ったのはまず、牛串!豚のBBQ串(ムーピン)はどこにでもありますが、牛は珍しい!1本10バーツ!すごくよく売れていました。美味しいです!

それから今、プーケットで流行中のマラー。野菜やお肉を四川サンショウが入った辛いソースを付けて焼くというもの。このお店では四川サンショウとタイのチリを混ぜているそうです。超辛、少し辛い、BBQのみで販売。少し辛いソースでオーダーしましたが私には十分辛かったです。

ツボで蒸し焼きにするチキンも人気。

一組15バーツのピンもトロピカルでカワイイ。

この周辺の常設されている店はおしゃれで欧米人向けの店も多いので、そのギャップもこのナイトマーケットの特徴です。

湖がそばにあり、そこに休憩スペースもあり、です。

 

phuketwalk.com

 

 

 

 

 

【プーケット】8月の天気や海の状況。服装についてのおすすめ。

今年のプーケットは5月のゴールデンウイークが終わってから本各的な雨季にはいりましたが、6月はわりといいお天気が続きました。そして7月に入ってからは台風の影響で突風が吹き、大雨になったりと、不安定な天候が続きました。

 

ここ数日は激しく崩れることもなく、まあまあ安定しています。だから今後もどんな天気になるかははっきりいってわかりません。

 

プーケットの年間降水量は昨年、約2400ミリ。乾季の2月で28ミリ、最も降雨量が多いのは9月で381ミリでした。8月は272ミリ。雨季は5月~10月いっぱい。その期間で8月は最も降水量が少ない月です。ちなみに年間平均気温は27.5度です。

 

海は雨季の間は、リゾートが集中する西海岸は赤旗(遊泳禁止)の日が多いです。なのでスノーケリングやビーチで遊びたい場合は近くのコーラル島やカイ島に行くことをおすすめします。

 

なぜ、こういった島がおすすめかといえば、コーラル島はビーチが東向きであるため、雨季の西風の影響を受けず、雨季の間のほうが海が穏やか。カイ島はプーケットの東側にあるため、こちらも海が穏やかなのです。

 

服装に関しては、現地調達できるものもたくさんあるので、身軽にいらっしゃるのがいいと思います。

 

ひとつだけ、こっちで買ったらいいとおすすめできるのはビニールのすっぽりかぶるカッパ。コンビニで20バーツぐらいで買えます。これをバッグに入れておけば突然の雨にもしっかり対応。なにしろ、こちらの激しい雨には傘が役立たないことも多々。

 

ぱっとかぶれば、荷物も濡れません。自分も雨季に外取材に行く時は持っていきます。小さくて軽いし、持っていることもストレスになりません。使い捨てです。ご参考まで。