プーケットウォークのブログ

現地発信プーケット日本語情報サイト『プーケットウォーク』の取材ノートです。グルメ、ショッピング、観光、ビーチ、生活など、日々感じたことや感動したことなど。

中国正月のお祭り、クラビ通り タイフア博物館前@オールドプーケット

プーケットは2月21~23日まで中国正月に合わせてオールドタウンでお祭りでした。オールドタウンエリアは車両規制で歩行者天国になり、各種イベントやライブミュージック、多数の屋台が出店してすごい賑わい。  

初日にお祭りの中心でもあるクイーンシリキット公園のそばでオープニングの行進をみて、ぶらぶら。屋台もたくさん出ていましたが座って食べるスペースがないのが残念。

オールドプーケットの象徴的建物のひとつである時計台もライトアップされ、電線も地下に埋められてすっきりした街並みはなかなか美しいです。

 

最終日はクラビー通りのタイフア博物館もお祭り会場になっていると知り、ちょっと行ってみました。タイフアは元は中華系の学校でしたが現在はプーケットのババの歴史を語る博物館になっています。

ババというのは18世紀、マレーシアから錫の採掘のために入植した華僑が、地元プーケットの女性と結婚して生まれた中華系の人たちのことです。

 

博物館の建物はライトアップされ、きれいです!ステージではバンド演奏とタイの踊りを披露しているところでした。

近年、このババの文化がフューチャーされ、オールドタウンは人気の観光ポイントにもなっています。また、2015年にユネスコ美食都市に認定され、プーケット地元料理と呼ばれるババの味がその美食に選ばれました。

 

ババの味というのは簡単にいえばババの故郷、中国福建省の味+プーケットというもの。だから、激辛タイ料理というのではなく、わりとやさしい中国風味の味なのであります。

 

この博物館のゆったり雰囲気がよくてやってきましたが、敷地も狭いので屋台も少ない。でも大好きなカポプラー(魚の浮袋入りあんかけスープ)を見つけました。食べてみたらすごく上品でおいしかった。豚のサテやプーケット名物のロバ(豚の臓物料理)など、どれも美味しそう。ここの屋台はどうも町に店を構えている名店が出店しているようでした。

このタイフア博物館があるクラビ通りはオールドタウンの中心であるタラン通りがヤワラート通りとの信号からクラビ通りに名前を変えます。短い道ですがタラン通りのように観光化されていない。

 

そのせいか、本当に昔ながらの雰囲気が残っているように思います。家の店先で売っているカノムチン(カレー汁で食べるタイ風素麺)、生春巻きの移動式屋台は1ロール15バーツ。これもテイクアウトしましたがが、具だくさんでおいしかった。

道路に置かれた戌年のオブジェ。

女学生をハグする戌?のぬいぐるみ。

オールドな雰囲気のゲストハウス。

 

ちなみにクラビ通りにはお屋敷レストランとして有名なブルーエレファント、一般開放されているチンプラチャハウスというお屋敷、2つの中華廟もある通りなのです。ショップハウスの間の細い路地を入ると市場につながっていたり、またある路地を入ると廃墟となったお屋敷で行き止まる。

 

探検と空想好きにはちょっとしたラビリンスに入り込んだようです。個人的にはこの通りに古き良きオールドプーケットを感じます。

 

 

 

 

 

ピピ島でおいしくマンゴスイーツ!@トンサイ湾近くのマンゴガーデン

ピピ島で見つけたマンゴのスイーツのお店『マンゴガーデン』。ピピ島が1号店で、なんと2号店はバンコクの高級ショッピングセンター・サイアムパラゴン!に入っているそうです。

 

トンサイ湾の桟橋近くにあるので、日帰りツアーでも寄れる範囲にあります。メニューを見ると、おすすめにMango Jello というのがありました。マンゴジェリーにホイップクリーム。生のマンゴ添え。このジェリーはアガアガで作られていると思います。

 

アガアガは海藻を原料とした植物性のゼリーの素で、ゼラチン・寒天よりも透明度が高く、弾力のある独特の食感。そして溶けにくいので、暑い東南アジアには気候にあった凝固剤でもあります。だからマンゴジェリーの色がきれい。

 

添えのホイップクリームがこれまた美味しい!そして生のマンゴも甘い!マンゴはいまや1年中ありますが、旬は4~5月が一番美味しい。食べたのは1月末ですから、さすがマンゴ専門店!と納得させられました。お値段も90Bと、なかなかリーズナブルな設定です。

 

友人はマンゴシェイク好きで、どこに行ってもマンゴシェイクを頼んでいますが、ここではマンゴシェイク+チャオクワイというハーブゼリー入り。

 

飲ませてもらったけど、すっごい濃厚!チャオクワイは身体を涼しくさせる効果もあるハーブのゼリーで昔からタイ人に愛されてきたお菓子。

 

プーケットにはなぜか?気の利いたマンゴスイーツ専門店がありません。みんなマンゴ大好きなのに。タウンにあったマンゴ専門店は売りが『カオニアオマムアン』(マンゴともち米)だったようですが、マンゴの甘さも今ひとうだったようで、すぐに閉店してしまいました。

 

こういうところも、小さい島なのに、プーケットにはないピピ島の魅力でもあるんです。

 

phuketwalk.com

ピピ島はネコが多い島でもある。

ピピ島を歩いていると、たくさんのネコたちに出会います。

 

元々、ピピ島はイスラム教徒が多い島なので、犬は極端に少ない。2日間滞在する間、店番をするマルチーズを1回見ただけ。

 

という環境もあって、ネコがお店が並ぶ細い通りでゴロゴロしている。人馴れしているネコも多く、望遠でもないカメラを向けても、何気なくカメラを見てくれたり、逃げることもない。

 

 

よ~く観察してみると、各店の店先にネコのエサ箱がある店も多い。白黒はブサカワイイ系が多いですね。

飼い猫が多いようだけど、全体的に若いネコが多いようにも感じる。

 

ホテルの庭にも....。

こいつは半耳がスコティッシュのよう。

熟睡ネコ」。

 

お店のウォールペインティングにもネコ!

 

ということで、ネコの島ピピ島でした。

 

phuketwalk.com

 

 

三角枕付きクッションでくつろぐ@ピピ島

ちょうどトンサイ湾の桟橋の裏側になるローダラム湾。夕方近くのローダラムは思いっきり潮が引いていました。数年前まではビーチ沿いに素朴なレゲエバーのようなスタイルのバーが並んでいたけど、今は様変わり。

 

ビーチ沿いにエアコンのあるガラス張りのレストランなどもあります。私にとってはこれがいいとは思えないけど。

 

トンサイ側から離れて、山に近づいて行くと、昔ながらのピピの風景がありました。直接ビーチに置かれた三角枕付きの寝転べるクッションが置かれて寝転んでいる人達の姿。

 

このスタイルは今も昔もプーケットにはありません。サムイ島では昔、見かけました。サムイはプーケットよりもナチュラルを好み、そしておしゃれな感覚の人やお店が多い。ピピ島も宿泊している人は圧倒的にプーケットよりも若いし、全体が欧米人の嗜好がメイン。バックパッカー好みといいましょうか。

 

だから、プーケットから1泊でもピピ島に泊まってみると、また違うタイに出会えて楽しいです。それは今も変わらないこと。

 

夜はローダラムのビーチで今やピピ名物ともいえるファイヤーダンスショーが見られます。この日は行ったら雨が降り出してすぐに退散。惜しいことしました。

 ショーは大体9時頃から始まるようです。やっている店は数ヵ所あります。ショーも終われば、その後はビーチパーティーへと続く。おばばは夜もお酒も弱いので参加しないけど。

 

 

phuketwalk.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピピ島スタイル!バケツ酒でパーティー!!

数年ぶりにピピ島に1泊で行ってきました。ピピ島は南部タイの中でも人気の島。小さな島なので島内には車はありません。島の中心は桟橋があるトンサイ湾。この周辺にはホテルやレストラン、お土産屋、ダイビングショップなどいろいろな店が集まっています。

荷物運びは細い道を大きなリヤカーに載せて運びます。道を通る時は「ピイッピィー」と口でいうのが、通して、という合図です。

 

日帰りツアーで、ピピ島に行く人が多いですが、やっぱり泊まるとまた違うピピが楽しめます。泊まっているのは圧倒的に欧米人なので、ピピ島の食や全体的なスタイルが欧米人好みなスタイル。それが死語かもしれないけど、ヒッピースタイルを思わせるところが楽しく思えます。

 

前置きが長くなりましたが、これぞピピ島!というのががこのバケツに入ったお酒セットいろいろ。いろんな種類の組み合わせがあります。

これ、どうするのかといえば、このままバケツの中で混ぜて、みんなでストローでチュウウチュウ飲む!これ、数年前から出現したピピスタイル。スーパーストロングバケツなんていうのも他の店で見かけました。

 

仲間同士でワイワイしながら、ピピ島スタイルです。

 

 

 

phuketwalk.com

 

 

鶏のつぼ焼き・ガイオップオーンの煙に誘われて。

ラグーナエリアのそばにあるショッピングアーケード・ボートアベニューで開かれる毎週金曜日のナイトマーケット。立ち並ぶ屋台の中でも一際人気なのが鶏のつぼ焼き。陶器の大きなツボの中で火を炊き、蒸し焼きにされるガイオップオーン。香ばしい匂いが漂って、吸い寄せられるように人が集まってきます。

 

この独特の香りは鶏を漬け込むときに使われるパクチーシードからとか。パクチーシードは日本でも人気のベルギーの白ビール・ヒューガルデン・ホワイトにも使われているそうです。

 

最初はこの蓋がされているツボを見て、何だろう?と興味が湧きます。いい匂いがします。余分な脂をじっくり落とすように蒸し焼きされるチキン。豚肉のツボもあります。とても美味しそうです。チキンは半身で120B。高くありません。買いたくなります。

 

できたても美味しいのですが、一晩置くと、さらに味が肉に染み込んで美味しいんだよと、友人のジェイコに教えてもらい、実証済みです。

私がタイにやって来た25年ほど前は、家庭には固定電話が普及していませんでした。それからあっという間に携帯が普及し、現在はSNSをものすごく利用する国となっています。いまや、モノはあふれんばかり。

格安航空全盛で、周囲の人たちの日本旅行に行く人の多いこと、多いこと。先日も北海道行き片道3999Bのプロモーションがあるのでどうしようかと思っている、と会計をお願いしているタイ人が言っていました。彼も数ヶ月前に北海道旅行に行ってきたばかり。

 

すでに昔の暮らしを懐かしみ、スローライフが送りたい、なんてささやく、タイ人の知り合いもいます。子沢山の家庭が多いと思っていたけど、ニュースでは全人口の20%が高齢者とかいわれて高齢化社会問題も考えねば、といっています。

 

とっても早い。サイクルが早い。プーケットの片隅に住む私はひっそりと、そう感じています。

 

なぜか鶏のつぼ焼きが大人気なのを見て、こんなことを考えてしまうのでした。

 

 

 

 

 

パトンビーチを対岸からみる景色。タイトランビーチのカフェより。@プーケット

ちょっと前にも友人のジェイコと、パトンの山にあるビューポイントのレストランに行ったが、きれいだったけど、行くまでの坂道は自分たちで行くには怯んじゃうような道だった。

 

昨日行ったタイトランビーチのカフェは、ちょうどパトン湾の最南端にあり、そこからはパトンビーチを望める。この先にはパラダイス・ビーチというビーチクラブがあるので、道も舗装されていて、問題なく行くことができる。

 

素朴なカフェやレストランが数軒並んでいて、どこからもステキな景色が見られる。私たちは大木の下に作られたカフェに入った。ファランのお客さんが数名。

 

いい眺め~!!パトンはこちら側から見たほうがきれいにみえるような気がする。

タイトランビーチには最近ローズウッドという新しいホテルもオープン。すでにマリオット・メルリンビーチというのもある。パトンの一番南端からは車で約10分という距離。

 

今の時期は天気もいいし、車やバイクでドライブも楽しい。みなさん、離島ツアーやいろいろなオプショナルツアー満載でプーケットの滞在を過ごす事が多いと思うけど、滞在ホテルの近場にも、行ってみたい場所とかあるものです。それになんといってもチープですよ!

 

 

phuketwalk.com