プーケットウォークのブログ

現地発信プーケット日本語情報サイト『プーケットウォーク』の取材ノートです。グルメ、ショッピング、観光、ビーチ、生活など、日々感じたことや感動したことなど。

ダンスコ・フランキー!サイドゴアクロップ!送料無料

フランキーは2017年の秋冬デザイン。

アッパーのふっくらおでこがカワイイです。


サイドゴアで履きやすくなっているし。

サボやクロッグを探している人にmpチェックしてほしい靴!


送料無料



とろとろカキの卵とじ炒めオースアン!┃プーケットで食べる潮州料理!

プーケットでは珍しい、潮州(チャオチョウ)の中華料理が食べられる店がタウンのサムコンにあります。タイに華僑が多いというのは意外と知られていないことらしいのですが、その多くは広東省の潮州からの人たち。華僑といえば、潮州人というのが圧倒的なんだそうです。

 

ところが、プーケットは華僑といえば、福建省からマレーシアのペナンに渡った人たちなので、地元の中華系食堂で食べられる料理も潮州系とは異なります。

さてさて潮州料理というのは調べてみると、

スルメ、干し牡蠣、魚の干物、乾燥させた浮き袋、ふかひれなどといった海産物系の乾物をよく利用。これらの素材は、煮てやれば、うま味を引き出せるので、スープをはじめとして、比較的あっさりしているが素材のうま味を活かした料理に特色がある。

 日本人も好きなあっさりした味ですが、日本には専門店は少ないとか。

 

それでは料理を紹介!まずは代表的な潮州料理のひとつ、オースアンをいただきました。カキのタマゴとじ炒めです。とろとろっとした新鮮なカキがたくさん。とろみがあって美味しい!

お馴染みジェイコは、この料理に使われているお酒(たぶん中国の)の匂いがだめといっていって、あまりすすまない様子。お気の毒です。これは150バーツだったと思います。

 

麺はライスヌードルが基本とのこと。これはタイ料理に同化していますね。ここでも人気料理ということで、ラットナー(あんかけヌードル)を。具は豚にしました。メニューによれば、豚肉も柔らかくなっています。ごま油のいい香りがして、あんがとろっとしていておいしい。キッジョーを入れて食べろといわれました。これは飲茶を食べるときに使う酢醤油です。これは50バーツ。

 

カオパットプーもおすすめだということで食べましたがこれは普通かな、というレベル。米がパラパラになっているのはいい感じ。これにラットナーのあんをかけて食べたら、うわあ!めちゃうまい。ご飯がすすむ。すすむ。

 

 

タイに住む中華系タイ人は70%が潮州出身でプーケットのホッキアン(福建省出身)たちは全体からみればマイナリティ。プーケットではどこにでもある黄色い太麺ミールアンはバンコクではあまりみかかけない麺なんだそうだ。

私もジェイコもタイといえば、プーケットからなので、ミールアンがバンコクにはないということが衝撃的でした!

 

それに、プーケット名物ホッケンミーは汁が多いのですが、炒め麺に汁があんなに入るのもどうもプーケットだけらしい。これまた衝撃的!

 

個人的にはミールアンは何か粉っぽくてあまり好きではないけど、プーケットらしさを担う麺だったとはね。

 

このお店、なんとアワビのラットナーとかもありありますよ。これは2~3人用で一皿350バーツ。

 

次回はぜひ、アワビのラットナーをいただきたい!

 

 

潮州菜館

営業 11:00〜14:00、17:00〜22:00

プーケットタウン・ワチラ病院の向かい側。ややバンコクプーケット病院より。看板が目印

 

 

phuketwalk.com

カフェ プーケット(Auntie's Recipes Kaffe' Phuket) 居心地がよすぎるかも?!のカフェ

プーケットでは1ヶ月に10軒以上のお店がオープンしているんだそうです。SNSを見ていても、いろんなお店が紹介されています。カフェもまた、人気店が支店を出したり、様々なスタイルのカフェが増えています。

 

今回、ご紹介するのは『Antie's Recipies Kaffe' Phuket』。多分、カフェプーケットと言ったほうが地元では通じるんじゃないかと思います。

 

オールドタウンエリア、元銀行で今は『ババミュージアム』のすぐそばです。ここはコーヒーも、まあまあ美味しいです。朝食&ブランチ、エッグタルトやケーキ類もちょっとあります。しかし、カフェとして魅力なのは、居心地がいい!

 

 

 

しかもテーブルとソファの高さが絶妙で、座り心地がいいです。PC置いて作業してもいいぐらいなんです。テーブルは木製で、お店の人に聞いてみたら、店主がバンコクでセコンドハンドで買ってきたそう。安かったみたいです。

 

あんまり長居しては悪いと思ったけど、お客もいなかったし、すっかり寛がせていただきました。シノポルトギーススタイルのショップハウスなので、うなぎの寝床のように細長く、アンティークなデザインのガラス戸で仕切られた奥はノーエアコンですが、おしゃれな空間になっていて、その奥にトイレがあります。

 

 

こういう、余裕があるカフェはオールドタウンにいくつかあり、地元のタイ人が道楽でやっているのかなあと思わせますが、このカフェも長くありますので、この心地よさは根強い支持層を獲得しているのかもしれません。

 

Auntie's Recipes Kaffe' Phuket

営業:9:00-18:00

 

 

phuketwalk.com

カオランで夕日を眺めてトゥンカカフェで食事もいいコース!

プーケットタウンの展望台といえばカオラン。小高い丘ですが、東海岸の景色と町並み、はるかにビッグ部ブッダが見えます。夕暮れ時には観光客や地元民もやってきて、夕日を眺めて、お約束の自撮りに熱中している人も、まあなんと多いこと!

 

その昔、まだプーケットにやって来たばかりの頃、タイ人に連れてきてもらったカオラン。真っ暗でした。そして眼下の町のネオン。なんだコレ?!夜景とはいえないけど、お世辞までに『きれいだ』といったことを覚えています。

 

しかし、それから約20年の時が流れ、カオランの夜景も成長しました。キラキラ、きれいだなと思ったのは、カオランの有名タイ料理店『トゥンカカフェ』からみた夜景。この店も覚えていないぐらい前に来たことがあるだけで、本当に久々の来訪。

 

店は天気も良くなったせいか、めちゃ混みでした。すでに夜景がきれいに見える席はいっぱい。私たちはちょっと奥の長いできそうな席について、シンハービールを飲んで、蓮の茎のソムタムと、イカのニンニク炒めをいただきました。この日も麺たべたり、アイスたべて、コーヒー飲んでとやっていたので、夕食にしては超軽い。

 

蓮の茎のソムタムなんて珍しい。ジェイコが選んでくれました。シャキシャキして美味しいです。生のエビも入っていてプリプリですごく美味しかった。イカのニンニク炒めははずれはないという、メニューですね。

 

久々のトゥンカカフェは、また来てもいいと思える店でした。 

ソムタムラーイブアクンソッド 蓮の茎のソムタム 150B 

プラームッグトートカティアム 240B 

シンハー大瓶 130B

 

Tunk Ka Cafe, 11:00 am - 9:30 pm

 

phuketwalk.com

ホームメイドアイスクリームが熱くなってきた!?@プーケットタウン

オールドプーケットタウン・ヤワラート通りにまたまたホームメイドアイスクリーム屋さんがオープン。ソイロマニーのトリーズに続き、大盛況です。

 

お店の名前はタイベトロ。元々はプーケット生まれのガラスアクセサリーのお店。店先でホームメイドアイスクリームを売り出したら人気になって、いまはアイスクリームがメインな感じです。お店が赤が貴重になっていて、歩いていても目立ちますよ。

 

 

いつも一緒のジェイコは、実は先に行っていました、そのときはアイスクリームも4種類ぐらいだったのに、私と一緒に行ったほぼ1ヶ月後にはシャーベット類も増えて様変わりしていたということになりました。

 

こちらもコーンに特徴があって、赤はローズ、グリーンはココナッツ、それにチャコールとオリジナルがあります。私は赤のローズにパッションフルーツのシャーベット。ジェイコはグリーンのココナッツにマンゴシャーベット。どちらも89バーツです。

 

ローズはほんとうにバラの香り。ココナッツは香り+甘みも強いです。チャーイェン味(タイ紅茶)のアイスクリームも美味しいとのことです。

 

オールドタウンは歩いて回るので、アイスクリームは食べながら歩けてピッタリのスイーツ。ガラスのアクセサリーもカワイイんですよ。

 

 タイベトロ 

 

phuketwalk.com

 

自転車シェアリング@プーケットタウンでスタート!

日本でも環境にも優しく、気軽に安価な料金で利用できる「自転車シェアリング」大都市圏を中心に全国へと広がっていますね。

 

プーケットタウンでシェアバイク(自転車シェアリング)が9月24日から開始。車による交通の混雑緩和を目的に、行政とシェアバイクの会社が共同して始まりました。オールドタウンではこの自転車が置かれているのをよく目にします。タウンには約300台置かれるとのことです。

 

ちょうど、カフェに行ったらこの男性スタッフが自転車を置かせてと交渉にきていたところだったので、撮影させてもらいました。10月いっぱいぐらいはオールフリーで利用できるとのことです。利用方法は携帯でアプリをダウンロードして自転車のあるところを確認し、QRコードで解錠して利用。

 

 

いいアイデアなんですが、自転車が走りにくい道ばかりなので現状はどうかな?という疑念もあります。今後の政策に期待しましょう。

 

www.phuketgazette.net

ラテアートのクマちゃんは飲み終わっても残っていた!

わざわざ書くことでもないかもしれないけれど、びっくりしたので思い出に書いっておこうっと!

 

私はコーヒーはだいたいラテで飲みます。そしてかきまわしません。それでタウンのカフェインでカフェラテを飲んだとき、最後までクマが残っていたのでびっくりしたんです。

 

 

だいたい、かき回さずに飲んでいても、最後には崩れているから、あのお店は上手なんでしょうか?

 

というお話でした。ちなみに飲む前のカフェラテ。

 

phuketwalk.com