プーケットウォークのブログ

現地発信プーケット日本語情報サイト『プーケットウォーク』の取材ノートです。グルメ、ショッピング、観光、ビーチ、生活など、日々感じたことや感動したことなど。

なかなか満足できる!日本食ランチ@セントラル プーケット フロレスタ

セントラル プーケットの新館フロレスタの3階にオープンした『Tai by Redsnapper』という日本食レストランのランチに行ってきました。お目当てのランチセットは249バーツです。

 

一緒に行った友人のお母さんは天ぷら+うどん+お寿司。私はエビカレー+生春巻き+温泉タマゴ、それにドリンクとしてフルーツシェイクが付いています。私はテンモーパン(スイカシェイク)に。お母さんはホットティー(ポット)にしてもらいました。日本から来る友人たちも、スイカシェイクは大好きでよく注文しているから、この組み合わせは喜ばれるのでは、と思います。

 

 私が食べたカレーは、なんか昔なつかしい、じゃがいもが溶け込んだカレー。それにエビフライが2匹。なかなか豪華です。そして皿に添えられたカボチャ、アスパラ、人参ナス、オクラが美味しかったです。

 

温泉タマゴはダシ汁に浸っています。生春巻きは中は野菜。それにゴマドレッシング。ひとつ皮が硬いのがありましたが、あとふたつはちょうどよい歯ごたえでした。

 

お母さんが食べていたお寿司のネタも新鮮そうでした。

 

たとえ短い旅行中でも日本食が食べたい、ということもあると思うので、そんなときにおすすめです。お店もきれいで、日本人男性のスタッフがいました。

 

このお店はコサムイが本店のようです。日本人シェフのお店で日本食のフュージョンといったお店のようです。facebook みると釜飯スタイルのうなぎ丼なんていうのもあります。夜はちょっと高級そうなフュージョン料理が楽しめるようです。

 

 

phuketwalkeditor.hatenablog.com

 

phuketwalk.com

カロンビーチ北側はシークレットビーチ気分@プーケット

プーケットで一番賑やかなパトンビーチの南隣りのビーチがカロンビーチ。その南がカタビーチへとつながります。海岸線は約5キロ。プーケットで3番目に大きなビーチです。

昔からカロンビーチってだだっ広い!という印象を持っていました。ビーチ沿いに木も少なく、暑さからの逃げ場がない。あまり個人的には好きなビーチではありませんでした。しかし、先日、久々にカロンの北側に行って気持ちも変わりましたよ~!

  北側はカロンサークルの手前(パトン方面から)に公園入口があって、そこから入っていきます。ビーチの反対側は池になっています。

駐車場もあり、足りなければ路駐もできる広さ。池とビーチの間の道には、日曜日限定ですが市場が立つため、食べ物屋台も出て便利です。

 

 常設のレストランも5軒ぐらい並んでいます。ビーチにすぐなのでお客もいいっぱいいました。 

このレストランも越えてさらに進んでいくと、途中護岸工事というのでしょうか。ビーチの侵食を防ぐためにコンクリを埋め込む工事をしていました。こんな乾季に入ってと思いますが、雨季はできないんでしょう。これからさらに南に向かって工事されていくんでしょうね。

 そして工事がすでに終わっているエリア。なんだか、離島に来たような雰囲気。人もぐっと少なくなり、ピースフルな空気が流れています。

 

 地元民でしょうか。車でここまで乗り付けているようです。パラソル持参。ピクニックも兼ねていいですよね。ベビーカーの赤ちゃんが一緒でした。

 

 ですが、向かい側にはきれいな造りの有料トイレと売店もありましたよ。

 そばにはオンザビーチのレストラン。

そのお隣にはホテルです。In On The Beach  っていうんですね。

これからお正月に向かってはもっと人が増えてきますが、それでもきっとのんびりとした雰囲気を保ちそうです。そしてお店やトイレも近くて、カロンの中ではベストなコンディションじゃないかと思います。

 

phuketwalk.com

 

 

 

イミグレーションの新サービス!ドライブスルーとハッピーバースデー@プーケット

最近、在住外国人が頻繁にお世話になるイミグレーションに新サービスが登場しました。在住外国人には90 days Noticeというのがあって、90日毎にイミグレーションに行かなきゃなんです。期日内に行かないと罰金!そのサービスがなんとドライブスルーでできるようになった!ということなのですが.....。

 

友人R子がちょうど施行日から2日めに行ったそうで。イミグレの外に車は駐車し、歩いてドライブスルーへ! 『3分でできる』という触れ込みなのですが、なるほど3分でできたよ!というのですが....。歩くのかい!ドライブスルーに!ツッコミたくなりますよね。

 

どうして、イミグレの外に駐車するかといえば、イミグレの敷地内の駐車場はいつも満車。来る人数に対して全然狭い。 そして、入口の門からドライブスルーまでは3台車が並ぶのがやっと。それ以上は道路で待たなければになります。みんなこれやりだしたら、簡単に大渋滞が予測されます。ハア~....。

 

ちなみに90 days Noticeは数年前にネットでもできるということになったのですが、不具合で駄目になったり、今はどうなんだろ? たぶんできないと思います。周りの人もネットで済ませている人いなしし。

 

thethaiger.com

そしてもうひとつが、ビッグサプライズ!

今回、日本に帰国してプーケットに到着したのがちょうど誕生日の早朝。イミグレも空いていましたが、先にエントリーカードをチェックしますと係員に言われ、それを済ませて並んでいたら、ちょっとこちらへ、と言われ、場所移動。そしたら女性のイミグレ職員?が来て、「ハッピーバースデー。あなたが今日一番目のバースデーの人です」といわれて、イミグレ特製のカードをいただきました。そしてカードを手にしたところを携帯でパチリ撮影され(機内ではほとんど眠れなかったのでボロボロ)ついでにパスポートも撮影されたのでした。

 

こういうサービスがあることにビックリです!たぶん、新しいサービスなんだと思います。特典が1回90days がパスできるなんていうのなら超うれしいんだけどなあ。観光客の方でこんなん記念に欲しいと言う方は覚えておいたらいいかも!

 

あ~、それにしてもタイで働く外国人もちゃんと労働ビザを持ち、ワークパーミットを持っていても90days Notice や海外に出て戻ってきたら持ち家でない以外は5種類の書類を揃えて住所の再申告など、厳しいものなんです。タイ人と結婚している外国人も同様。

 

ビザ取得も年々大変になっていくし、ルールも増えたりと、タイが住みにくい国になっていっていることも確かなんです。

 

phuketwalk.com

11月22日はローイクラトンでした@プーケット

旧暦12月(現在の10月または11月)の満月の夜に行われるお祭り、ローイクラトン。川の女神“プラ・メー・コンカー”へ感謝の気持ちを捧げる、厄災を払うというもので、バナナの幹や葉などで模った灯籠(クラトン)の上にロウソクと線香を立て、そこに自分の髪の毛、お金を添えて流します。

 

 

ロマンチックな雰囲気で海、川、池など各地の水辺でクラトンが流されます。昨晩はお天気もよく、満月もばっちり見られました。プーケットでは多くの人が集まるタウンのサパンヒン(池)、パトンビーチ(海)、ラグーナ(池)、シャロン桟橋(海)、カトゥ(ダム)などがありますが、今回はヒロイン像のあるタランのスンシリトーンという地区にある池にジェイコと行ってみました。

スンシリトーンというのは、昔、ミャンマーに攻められたときにプーケットを守ったといわれる姉妹の妹の名前だそうです。初めていきましたが、大きな池が3つほどあり、そのひとつが会場になっていました。

 

広々としていて、流せる場所も用意され、屋台もいっぱい出店。ここが人の多いところと違うのはゴザ持参で来て、池のそばでご飯とかも食べていること。さすが、田舎です、ローカル感満載。

クラトンは毎年、新種がでてきますが、私は超軽量のお菓子のコーンでできたクラトンを買いました。ピンクでかわいいの。40バーツなり。さらにお人形が載せられたバージョンもあります。でも、人形は後にゴミになってしまうから、NGじゃないかと思いますが。数年前まで発泡スチロールも多く使われましたが、これは現在は禁止です。

 

友人のジェイコはトラディショナルなクラトンを買っていました。

さあ。水辺でいろいろお願いしながら、みんな流しています。そしてみんな記念撮影に余念がありません。

全然混むこともなく、すぐに終了。ここはウォーキングにもぴったりの環境です。

 

ローイクラトンが終わると、ハイシーズンも真っ只中!という雰囲気になります。

【海外】クレジットカードの支払いは現地通貨レート?日本円レート

時々、買い物をしてクレジットカードで支払いをするときに、『タイバーツ(現地通貨にするか、日本円にするか?』と聞かれることがあります。

 

そう聞かれた一番最初のときは、なんとなく、日本円で支払ったほうがお得かと思ってしまいました。その後、現地通過を選ぶのがお得としりました。

 

そして先日、私の姉がプーケットに遊びに来て免税店で買い物をしたそう。ボビーブラウンのコスメ。姉はその時、カード払いでどちらを選ぶか聞かれ、『日本円で』と言ってしまいました。

 

後で請求金額を見てびっくり。タイバーツのレートで計算したより全然高い!

あるショッピングサイトのボビー・ブラウン公式サイトで見たら、金額同じだったと大ショックを受けていました。

そうそう、付け足しですが、プレミアム・アウトレットのアディダスでも同じことしたみたいで、こちらも計算したら全然安くなかったと嘆いていました。

 

現地通貨で支払う場合は「国際ブランドの基準レート」+「カード会社の外貨取引手数料」日本円支払いを選んでしまうと、店はそのレートを店独自に設定できるんだそうです。

 

聞かれる店はそんなにない気もしますが、ショピングの際に気をつけたいことですね。

 

 

phuketwalk.com

 

シンガポール航空のフライトアテンダント

数日前に日本に帰国。その際にはまたSQ(シンガポール航空)を利用した。私はなぜかTGがあまり好きでなく、シンガポール経由だと飛行時間も1時間ほど長くなると思うのだが、SQを利用することが多い。

 

今回の帰国便は相席が日本人女性の二人。50代かな?同じようなお年頃。それで一人の女性のリモコンの調子が悪くなり、突然映画が見られなくなってしまった。私たちの列のフライトアテンダントはシンガポール人のオカマちゃん二人。一人のオカマちゃんがちょっとだけ日本語をしゃべる。

 

この二人、とっても愛想がよくて、日本語をしゃべるオカマちゃんはいつも笑顔。食事のときのサービスもとっても丁寧だし、リモコンの調子が悪くなったときは、一生懸命いろいろアドバイスしていた。でも、直らないらしく、見たい映画は何番かと言って、大元で操作してくれたようだ。二人の女性は英語がまったくわからず、私も少しだけお手伝いをした。

 

男性のフライトアテンダントって、オカマちゃん系が多いように思っていたけど、今回の彼は、もろな感じで、タイ人にいるような明るい、サービス精神旺盛なタイプだった。

 

約半日を機内で過ごすわけだが、気持ちよく過ごせたと思う。愛想がいいとか、笑顔って人をやさしい気持ちにさせるのかな。

 

phuketwalk.com

 

 

 

10月8日 プーケット ベジタリアン フェスティバル スタート!竿を立てて神様をお迎え。

プーケット ベジタリアン フェスティバル(キンジェー)が スタートです!

 

本日は午後5時、私の住むエリアにある、ベジタリアンフェスティバル発祥の神社であるカトゥに竿立ての儀式を見にいきました。

 

例年なら竿のそばに作る祭壇はテントの下に設置されるのですが、今年はお天気がよかったからか、テントなし。なんかアナウンスでは、竿立ての際に行う儀式も昔ながらのものをやる、といっていました。

 

カトゥはお祭り発祥の神社、オリジナルという立場を誇りにしている神社なので、行列でタウンのサパンヒンに行くときも、他の神社とはお祈りする場所が違う(カトゥがお祈りする場所が元々の場所であった)など、いろいろこだわっています。

 


kijje2018 hata

祭りの祭司(何とよぶのかわからないが)たちが竿の周りでなにやらやっています。手前では最年長のマーソンのおじいさんががんばって、お祈りを捧げています。おじいさんが弱々しいせいか? なんか一人でやっている感があって寂しさも...。と思いますが、本人には神様が降りているときは自覚がないとのことですから、神様が思うままに、です。

 

 

 

実際に神様をお迎えするのは23時から。私はその儀式はプーケットタウンのバンニャオに行きました。しかし、ついた途端に雨が降り出し、結構激しい雨で、カメラだせず。

 

バンニャオは22時から道教で最高神とされる玉皇大帝をお迎えし、祭りの主神である九皇大帝はタウンの海岸がるサパンヒンにお迎えに行きます。タウンにある神社はサパンヒンにお迎えの儀式に行きます。

 

バンニャオの行列はみんなびしょ濡れ。どうしてここを選んだかといえば、数年前にここのお迎えを見に来たときに、神社の門に長々とした爆竹がぶら下がり、お迎えの行列が出発したときには、真っ赤になったこの門は燃えちゃうんじゃないかと思ったほどでした。あの光景は衝撃的で忘れられません。

 

その後、爆竹に関しては規制が入りはじめ、徐々におとなしくなってきました。しかし、今年は昨年ラマ9世が崩御し、ちょうどお祭りのときに国葬があり、超自粛のお祭りでした。そのため、今年は派手にやるかも?と思っていたのですが、やっぱりあれほどの爆竹はもうないようです。

 

爆竹、すごい怖いんですけど、お祭りと合体すると、なんか神秘的です。ということで、期待していったバンニャオは雨の中ということで、わりと静かな行列でした。

 

さあ、明日から菜食食べて、お祭り楽しみます!お天気いいこと願います。