プーケットウォークのブログ

現地発信プーケット日本語情報サイト『プーケットウォーク』の取材ノートです。グルメ、ショッピング、観光、ビーチ、生活など、日々感じたことや感動したことなど。

10月8日 プーケット ベジタリアン フェスティバル スタート!竿を立てて神様をお迎え。

プーケット ベジタリアン フェスティバル(キンジェー)が スタートです!

 

本日は午後5時、私の住むエリアにある、ベジタリアンフェスティバル発祥の神社であるカトゥに竿立ての儀式を見にいきました。

 

例年なら竿のそばに作る祭壇はテントの下に設置されるのですが、今年はお天気がよかったからか、テントなし。なんかアナウンスでは、竿立ての際に行う儀式も昔ながらのものをやる、といっていました。

 

カトゥはお祭り発祥の神社、オリジナルという立場を誇りにしている神社なので、行列でタウンのサパンヒンに行くときも、他の神社とはお祈りする場所が違う(カトゥがお祈りする場所が元々の場所であった)など、いろいろこだわっています。

 


kijje2018 hata

祭りの祭司(何とよぶのかわからないが)たちが竿の周りでなにやらやっています。手前では最年長のマーソンのおじいさんががんばって、お祈りを捧げています。おじいさんが弱々しいせいか? なんか一人でやっている感があって寂しさも...。と思いますが、本人には神様が降りているときは自覚がないとのことですから、神様が思うままに、です。

 

 

 

実際に神様をお迎えするのは23時から。私はその儀式はプーケットタウンのバンニャオに行きました。しかし、ついた途端に雨が降り出し、結構激しい雨で、カメラだせず。

 

バンニャオは22時から道教で最高神とされる玉皇大帝をお迎えし、祭りの主神である九皇大帝はタウンの海岸がるサパンヒンにお迎えに行きます。タウンにある神社はサパンヒンにお迎えの儀式に行きます。

 

バンニャオの行列はみんなびしょ濡れ。どうしてここを選んだかといえば、数年前にここのお迎えを見に来たときに、神社の門に長々とした爆竹がぶら下がり、お迎えの行列が出発したときには、真っ赤になったこの門は燃えちゃうんじゃないかと思ったほどでした。あの光景は衝撃的で忘れられません。

 

その後、爆竹に関しては規制が入りはじめ、徐々におとなしくなってきました。しかし、今年は昨年ラマ9世が崩御し、ちょうどお祭りのときに国葬があり、超自粛のお祭りでした。そのため、今年は派手にやるかも?と思っていたのですが、やっぱりあれほどの爆竹はもうないようです。

 

爆竹、すごい怖いんですけど、お祭りと合体すると、なんか神秘的です。ということで、期待していったバンニャオは雨の中ということで、わりと静かな行列でした。

 

さあ、明日から菜食食べて、お祭り楽しみます!お天気いいこと願います。

日本でも流行っているという花椒(ホワジャオ)!タイでは屋台のBBQで人気!

以前にもブログでマーラーという花椒(ホワジャオ)で味付けしたBBQが流行っているという記事を書いたことがありますが、日本でも流行っていたんですね。

 

先日、ヤフーニューで知りました。

湖池屋は花椒の香りと辛さを生かした「シビれスティックカラムーチョ椒辣辛味噌」(205円)を6月に投入。新たな辛さを追求した商品で、「良い反応があった」という。日本ハムもフライドチキン「チキチキボーン」シリーズで、花椒を使った「四川風麻婆味」(443円)を今夏発売した。
 アサヒグループ食品(東京)は、輪切りのトウガラシを揚げて花椒をまぶした「超魔王唐辛子」(136円)を10月1日発売する。

激辛、しびれる辛さが特徴ですよね。もし、プーケットに来たら、是非タイ流の 花椒(ホワジャオ)で味付けしたマーラー食べてみてください。

 

最近ではナイトマーケットでも屋台で出ていますから、観光客も気軽に試せます。

タイの場合はホワジャオ+タイのチリで味つけしているようです。私はは辛いの苦手なので、すご~くちょっとにしてもらって食べましたが、それでも辛い~!!

 

イカや貝といったシーフードから肉類や野菜などいろいろ選べます。10バーツからとチープですから、辛い好きは試してみて!

 

ちなみにこのマーケットはラグーナ近くで開かれるボートアベニューの金曜日のナイトマーケット。

 

phuketwalk.com

 

【Somsak Cafe】居心地いい!ガラス張りのゆったりカフェ@プーケットタウン

先日、友人ジェイコが行ってみたいといっていたSomsak Cafe に行ってきました。いまどき、ソムサック(タイ人の男性の名前で結構多い名前)カフェなんていうネーミング、よくつけたな~と思いつつ、.....。

 

カフェはタウンのショッピングセンター『ライムライト』の向かい側、クイーンシリキット公園の駐車場入口のお隣。え~、なんかタウンでは見かけない、広々とした作り。壁面はガラス張り。きれい~!!ジェイコのリサーチによれば、使っている家具類はIKEAなんだそうです。

 

入ってみると、コーナーのスペースに犬の絵、そしてカウンター、結構混んでいます。

 

コーナーにはサボテンなどが飾られ、座り心地のいいIKEAの椅子。私たちはこの席に座りました。

 

奥には今度は猫の絵が壁に飾られています。お世辞にも上手いとはいえないけど、可愛らしい。ちょうどお隣に座っていた女性がオーナーの娘さんとお母様で、お二人とも猫好きなんだとか、ご主人は犬好きなんだそうです。

 

 

ゆったりした作りなのは、奥がホテルのレセプションも兼ねているからのようです。

Baan Suwantawe Hotel Apartmentというホテルで、プールもあります。

 

コーヒーもおいしくて、広々して居心地もよく、オールドタウンのカフェとはまた違ってこちらもおすすめ。

今は飲み物とパンケーキやクッキーと言った簡単な食べ物のみですが、これからランチも始めるとのことです。

 

Somsak Cafe

営業8:00-17:30

https://www.facebook.com/Somsakcafe/

phuketwalk.com

 

【Three Monkeys Restaurant】SNSで地元タイ人に人気!森のレストラン@プーケット

数ヶ月前にfacebookで露出しはじめた、スリーモンキーズ。森の中のような、ナチュラルな南国スタイル。月曜日の昼でも大盛況です。ジップライン・ハヌマンワールドの敷地内にオープンしたレストランです。

 

海は見えないけど、セントラルフェスティバルからも車で約15分というお手軽な場所にあります。

独特のデザインの室内席(オープンエア)は座るタイプ。こういうスタイル、今まで見たことありません。今回は友人のR子と行きましたが、座るの苦手なので、椅子席にしてもらいました。

まったり感たっぷりのくつろげる円形の椅子はすでにいっぱい。

 

時々、ジップラインの人が空中を横切っていきます。やったことないけど、面白そう!R子は経験済み。ここは32プラットホームありますが、彼女は全部やったという強者。

 

私たちは大きな木の下のテーブル席。樹齢100年以上の大木です。

 

 混んでいるのに、従業員が少ないのか、飲み物もご飯もでてくるのがとても遅かった。改善してほしい~。頼んだイタリアンソーダはレモン入りとパッションフルーツ。各100バーツなり。

 

ご飯はカオパットプー(カニ)、カオックカピ、それにマンゴのサラダ。ご飯は量も多く、味はなかなか美味しかったです。値段はちょっと高めで、ドリンク合わせて全部で800バーツ。

 

 

お寿司メニューもありました。町のおしゃれレストランやカフェもいいけど、自然の中は気持ちいい。結構、この雰囲気、気に入りました。

Three Monkeys Restaurant

営業: 8:00-22:00

https://www.facebook.com/threemonkeysphuket/

 

プーケット名物ミー パット ホッキアン(福建麺)を久々に有名店で食べる!

プーケットの地元料理の麺代表がミーパットホッキアン(福建麺)。18~19世紀、中国福建省からマレーシア・ペナンを経由してプーケットに錫の採掘にやってきた中国人の影響を受けて生まれたプーケットスタイルの福建麺。黄色い卵麺より太く、プーケットのオリジナル麺で作った焼きそばです。

 

その名物焼きそばで有名なのが、プーケットタウンの時計台そばにある『ミートンポー サーカー1(本店)』。この店、1946年開業です。本店で食べるのは、なんと10年ぶりぐらい。昔は客も多いけど、なんだか汚かった店も今はわりかしきれいになっています。

 

 

この福建麺、焼きそばのくせに結構汁が多い。あんまり好きじゃなかったんです。でもちょっと理由があって、ジェイコを誘ってやって来ました。

 

メニューのおすすめをご覧ください。右ページの左上が『ミートンポー』という名の福建麺。貝、イカ、エビ、練り物、魚入り。これがプーケットスタイルなんだだそう。あっ、卵をオプションで追加するのはお約束です。

 

 

とくに貝のダシがでてる!これが良かった!全体の味付けは濃くないというより、わりと薄味。それが私的に◎。酢もたくさんいれてさっぱり仕上げにしました。麺は左ページの上にあるように3種類から選べます。

卵麺とビーフンのミックスにしてもらいました。これ大正解!(ジェイコのおすすめ)卵麺だけだと、ちょっと重ったくなるんです。あれ、本店の味ってこんなだっけ?!と思いました。意外に美味しいじゃないか!お値段は80バーツであります。

 

 

ムー(豚)サテも頼みましたが、肉がジューシーで美味しい!ピーナッツ入りソースも甘さ抑えめ、ピリっと辛味もあり。10本で60バーツ。店先で焼いてます。天気良かったので、焼いてるおじさん、暑そうでした。

 

 

時々、こういうことありますよね。昔食べたときは全然だったのに、改めて食べてみたら美味しかった。歳を取れば嗜好も変わるってことでしょうか。

ま、このミートンポー本店は、タイ人観光客も必ず立ち寄るお店でもありますから、美味しいと思う人は多いということでしょう。

 

ちなみにミートンポーはプーケット内に4軒あります。

 

 

Mee Ton Poe

プーケットタウン スリンサークル時計塔(Surin Circle Clock Tower)そば。中華廟Hock Guan Kong Templeに隣接

営業:10:00-20:30 年中無休

セントラル プーケット・フロレスタがオープンしました!

9月10日、セントラルフェスティバルの向かい側に、セントラル・フロレスタがオープンしました。フロレスタというのは、イタリア語で森という意味。

 

地元民の最近の話題といえばこのセントラルに行ったか?というのが挨拶変わり。私もジェイコを誘って、昨日行ってきました。プーケットのセントラル、タイ最大規模になったらしいです。目玉は来年オープンする3Dシアター?とアクアリウム。駐車場も4000台駐められるということだから、今までのような駐車難民はなくなるはず.....。

 

日本ではデパートの合併や閉店など、不景気な話がいっぱいですが、タイは上り坂なんだと感じます。特にセントラルは高級デパートなので、内装もさらに豪華になり、今回のオープンにあたっても、いろいろな商品が増えましたが、料金も高級化しています。

 

建物は4階建てで、各階が駐車場につながっています。ジェイコとざーっと見てきましたが、ご飯も食べてお茶を飲んだら、なんと半日おりました!

 

それでは私たちが気になったところを紹介です。まずは1階(グランドフロア)。スーパーマーケットはディスプレイが今風になったようで、商品豊富という印象。イートインのコーナー、全体が冷蔵庫になっているチーズの部屋なんかもありました。入ってみたら、すぐに大きな欧米人が入ってきて、いい香り、といいながら満足そう。日本の普通のスーパーマーケットって日本製チーズが圧倒的。ここは各国チーズがいろいろあります。ハムも種類多いです。

 

なんとマツモトキヨシもあります。それからタイのお土産コーナーも独立してあります。ここで目を引いたのは、タイのミニ調味料セット、ハヌマンでいいのでしょうか、あのハヌマンの容器に入ったヤーモン(アロマバーム)。

 

お腹が空いたので2階のカフェ『オンザテーブル』という店に。日本の店らしいです。ファミレスのようなメニューがあり、私はチーズのせハンバーグ+カレー(310バーツ)を。ジェイコはチキンのチーズのせ。なんか、イオンモールで食事しているような気分になりました。ハンバーグはどうもつくね風になってしまうので残念でしたが、久々に日本の洋食食べた~という気分になり満足。

 

3階にはこれまた日本のバラエティショップという、ロゴがユニクロに似た店が。ジェイコがネットで調べてくれて、中国人と日本人で作った会社らしいですが、本社は中国にあるようです。なんか、どこかで見たことのあるパッケージやボトルにはいった化粧品とかいろいろあって、びっくり。

 

グランドフロアに戻って、前から飲んでみたかったタイの紅茶ブランド『トラームー』のチャーイェン(アイスミルクティー)50バーツを。ジェイコはタイ人に人気のアイスローズティーと、チャーイェンのソフトクリーム(45バーツ)。このソフトクリーム、大人気。私はチャーイェンを飲んでいたせいか、一口いただいて終了。今度もう一度トライしてみようと思う。

 

ここにはフードコートやフローティングマーケットを模したエリアもあり。いろいろなものが混在している感じです。

 

そういえば2階だったか、チェンマイのお店でゾウのうんちから作ったリサイクル紙のメモ帳とか売っている店も。持ってみても軽くて、エコを感じるお店。値段も150バーツぐらいと手頃だからお土産にもいいですね。

 

これからオープンする店として、パンのリトル・マーメイド、ラーメンの一風堂、ゴディバなんかもあります。

 

こちらも参考にどうぞ。

www.centralphuket.com

 

プーケットの雨季【9月】のお天気と海@スリンビーチ

9月は1年の中でも一番雨が多い月です。でも今年は9月に入ってからも青空がでる日も多く、時々スコールがありますが、わりと安定したお天気が続いています。プーケット西海岸、アマンプリを代表とする高級ホテルが点在するスリンビーチに久々に行ってきました。

 

7月の台風が来たときに、西海岸のいくつかのビーチはものすごくビーチを侵食されたというニュースを見ましたが、スリンビーチもそのひとつ。広々と水のきれいなビーチなのですが、びっくりするぐらいビーチが狭くなってしまいました。

 

ビーチに下りる石階段も壊れてしまっていたり、ビーチが整備されるにはしばらく時間がかかりそうです。

 

スリンビーチは雨季の間、サーフポイント。数人のサーファーが海に入っていました。結構波がありますし、赤旗ですが泳いでいる人もいます。ビーチのほぼ中心にライフガードの監視台がありますが、広範囲に海にはいってる人がいるので、目が届きそうもありません。

 

スリンビーチやお隣のカマラビーチなどは、所によってリップカレントがきついビーチです。ビーチから沖に向かって引く流れが強いんです。

 

おおざっぱですが、リップカレントの見分け方は周りより深い→波が小さい、エリア。 そうえいば以前、カマラでほんの少し海にはいっただけで、引きが強くてびっくりしたことがあります。そしてすごく近深でしたー。

 

今年も水難事故が結構ありますが、溺れてしまう人はこのリップカレントにはまってしまう場合も多いんじゃないかと思います。いくらビーチに向かって泳いでも戻れませんからね。

 

そういう場合ビーチと平行に泳いで、リップカレントから抜け出すようにします。リップカレントは10~30mということですから、抜け出られたら、岸に向かって泳ぎます。

 

スリンビーチの北側にきれいに並んでいたヤシも侵食されてか、やや枯れ気味です。このエリアにまったり寛いでいる観光客も多く、ゴザやハンモックなどを持参して、思い思いのスタイルで楽しんでいます。

 

北側にはドリンク屋台やマッサージも出ていました。ビーチ入口には数軒の屋台が出ていて、ご飯も食べられます。私も焼き鳥を買ってたべました。1本20バーツでした。

人がまばらでも、不便はないぐらいに屋台が出ているのはいいところ。ビーチ入口近くにはファミリーマートもあります。

 

タイ人は木陰でピクニックを楽しんでいました。